辻井土地家屋調査士事務所

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、不動産としての土地や建物を公法上で確定させる調査の仕事をしています。

 

■ 例えば
・建物表題登記 ・建物滅失登記 ・建物増築登記 ・区分建物表題登記 ・その他の登記
・土地分筆登記 ・土地地目変更登記 ・地籍更正登記 ・土地合筆登記 ・地図の訂正
● 権利の対象である不動産(土地・建物)の物理的状況(所在、地番、地目、地積、床面積等)を公示
  する表示登記をし、初めて法的な土地・建物となり租税や諸権利、取引の前提として確定します。

土地に関しては次の事項などもご相談ください。
・土地境界不明箇所の調査 ・筆界特定代理人 ・土地確定測量 ・土地境界確認の代理人

業務の詳細

□法定業務
  不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査、測量、申請手続業務又は
  審査請求の手続業務。
□附随業務
  法定業務を処理するために必要な業務として附随して行われる業務。
□関連業務
  法定業務・附随業務に関連しその業務の性格上、土地家屋調査士の業務として依頼される業務で、
  他の法令等に抵触しない土地・建物の現況や権利関係について、
  調査・測量技術を駆使し調整する業務、行政的要請または規制に関する業務等。
□調査業務
  調査には重要な要素として測量調査があります。これには必要に応じ、
  GPS機によるVRS・RTK測量を行い、電子基準 点に合致したデータを使用します。

種   類

内     容

法定業務
調査業務 1 資料の調査・収集
2 現地調査
3 資料の分析・調書作成
土地の調査・測量 1 現地事前調査
2 多角測量
3 復元測量・現地表示
4 画地調整
5 立会(民有地境界・公共用地境界)
6 面積測量
7 境界点測設
8 境界棟埋設
9 引照点測量
建物の調査・測量 1 所在、位置、形状、敷地境界の調査
2 建物要件、個数、主従の別の認定
3 区分建物の専有部分・共用部分の境界の調査及び
  区分性の認定
4 種類、構造、床面積の調査・測量
嘱託・申請手続 1 嘱託・申請書及び添付書面の作成
2 法定登記図面(地積測量図、土地所在図、建物図面、
  各階平面図
3 土地の地目、合併(筆)、滅失及び建物の分割、合併、
  合体、滅失の調査
4 嘱託・申請代理(提出、登記官現地立会、補正確認・
  登記済受領・点検登記済の交付)
審査請求手続 1 行政不服審査法にもとづく提出書面の作成
2 その他関連手続
書類の作成 1 戸籍・住民票等の請求受領
2 証明書、承諾書、上申書、同意書等の作成
附随業務 1 法定業務の遂行上必要な住所関連証明等の書類及び
  資料等の調査・収集ならびに筆界承諾書等の領印代理
2 その他付属的業務
関連業務 1 地籍調査事業に係る調査、測量及び関連諸作業
2 建物の敷地又は建築用地及び建物、
  その他の施設等の調査及び測量、管理図面の作成
3 建物の敷地と公道の接続及び建築後退線の測量
4 道路位置指定(変更、廃止)等に関する
  調査、測量、管理図面の作成
5 局地的かつ高度の精度を要しない三角測量、
  多角測量、水準測量、地形測量、平面測量及び
  横断面、その他土地、建物の調査、測量
6 天体観測による真北測量及び計算書面等の作成